タダラフィル.com

シアリスの成分タダラフィルの紹介です!

タダラフィルが効かないことがあるのか

      2018/10/21

食事に影響を受けにくいタダラフィル

今までのEDの治療薬は服用時に食事のことを気にかけねばならず、効果の出方に影響するため大変ネックになっていました。
タダラフィルは今までのものと違い、食事に関係なく服用できるのが最大の特徴です。
溶けにくい性質があるため服用から3時間ほどで作用し始め、20時間以上にわたり精力増強の効果が見られます。
空腹時でなくても服用可能で、長時間持続効果がある素晴らしいタダラフィルが効かないのは直前に摂取した食事のカロリーが高い場合です。
吸収率が悪くなることが考えられ、メーカーが推奨している1度の食事の総カロリーは800kcal以内です。
外食でポークカレーを食べた場合約755kcalで、牛丼の中盛で675kcalのため1度にたくさん食べなければ大丈夫といった感じになります。

個人差があるためたくさん食べたから今日は効かないかもしれない、などと一概には言えません。
服用後効果が出るまで時間があるため、もっとも効果的に作用するように自分にとってどのタイミングで食事をするのがいいのか見極める必要はあります。
また早くから服用してしまうと大変なことになるんじゃないかと思われますが、性的な刺激がない限り機能しないため安心して服用できます。

即効性は低い

欠点が少ないのが特徴ですが、若干即効性という点では劣るため早めに飲んでおくというのもコツのひとつです。
持続時間が5時間ならタイミングを計るのに苦労しますが、タダラフィル持続時間が長いおかげで早くから服用しても困りません。
欧米などではウィークエンドピルと呼ばれていて、土曜日の夕方に服用しておけば日曜日の夜まで効果が続くため大変重宝されています。
ED治療薬としてはまだ新顔のタダラフィルですが、効果の持続時間がとても長いことと使い勝手の良さから利用者が確実に増えてきています。
容量の違うものが3種類ありそれぞれ効果の持続時間が違うため、自分のライフスタイルにあったものを選ぶことができます。
タダラフィルが登場したことにより焦ったりプレッシャーを感じることがなく、まるでEDになる前のように自然体で臨むことが可能になりました。

自分に自信を

相手のフィーリングに合わせられるため無理強いすることもなく、飲んでいるのを忘れるくらい自然にふるまうことができます。
旅行先で、あるいは週末のデートなど相手の方と長時間過ごすときにもサポートしてくれます。
前もって飲んでおけばいつでもその気になったときに力を発揮することができ、スタンバイしておくことでプライドが保てます。

 - タダラフィル