タダラフィル.com

シアリスの成分タダラフィルの紹介です!

タダラフィルの飲み方について

   

勃起不全症の治療薬タダラフィル

タダラフィル勃起不全症の治療薬です。
商品名であるシアリスのほうがよく知られているかもしれませんが、これはあくまでも先発品としての商品名です。
最近ではジェネリック医薬品もあり、シアリスという名前以外のタダラフィル製剤もあります。
この薬の飲み方ですが、基本的には性行為の約1時間前に服用することとされています。
ただ、この説明だけで何の問題もない、その通りに服用できるという人は少ないかもしれません。

利用しやすいタダラフィル

そもそも、今から1時間後に性行為をするとはっきり分かっている人、あるいは分かっているケースというのはどれくらいあるでしょうか。
もちろんケースバイケースでしょうが、決して多くはなさそうだというのは分かるでしょう。
1時間前というのがどれくらい厳密に守らなければならないものなのか、服用して30分後ではいけないのか、あるいは2時間後になってしまってはいけないのか、当然ながら気になるでしょう。

タダラフィルの飲み方に関しては、実はさほど厳密にこの点を気にする必要性が高くありません。
いつ起きるのかはっきりと特定しにくい性行為について、これはかなりありがたい特徴といえます。
もちろん服用直後では薬の効果がまだ表れていないということになるのですが、効果がピークにあるといえる時間帯は服用後30分から4時間程度と、かなりの幅があります。
これだけの幅があれば、必要になりそうだと思ってから服用してもそこから30分あれば良いわけですし、あるいは例えば今夜必要になるかもしれないと思ったときには夕食後の時点で服用しておくといった飲み方も可能です。
ピンポイントで合わせる必要がない分、気が非常に楽になるはずです。
勃起不全というのは心理的な要素も大きいですから、もしかしたらまだ薬がまだ効いていないかもしれない、既に効き目が切れてしまっているかもしれないとびくびく、おどおどする必要がなるなるのはありがたい話でしょう。

効果時間が長い

ここまででも十分にありがたい薬ですが、実はタダラフィルの特徴はこれだけに留まりません。
服用後30分から4時間程度というのはあくまで効果がピークにある時間帯です。
その間が最も効果が高いのですが、4時間を過ぎると全く効き目がなくなってしまうわけでは決してありません。
臨床試験の結果として、この薬は服用してからなんと実に1日半もの間にわたって十分な効果を示すことが分かっています。
ある程度の個人差はありますが、それこそ朝から服用しておいても、あるいは前日の夜の服用であっても、十分に効果が期待できる薬なのです。

 - タダラフィル